人動説と地球経営の未来

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

様々な論議を生んだ人間とアルファ碁の対決後
人工知能が世紀の話題にのぼっています。
人工知能への肯定論と否定論が飛び交う中
人類は、かつてないほど切実な彗眼を探しています。

古代と中世の地球は、宇宙の中心でした。
太陽や星が地球を中心に回っているという天動説は
一点の疑いもない神本主義時代の定説でした。

しかし、16世紀コペルニクスによって地動説が提起されました。
これは、従来の信念体系を崩し、神を冒涜する罪だと
宗教裁判にかけられたりもしました。

科学文明の発展に基づく地動説は
文明の軸を、地動説の時代、
物質文明の時代に変えました。

私たちが生きる今の時代は
人工知能と仮想現実を目前に控えた変化の時期です。
今、私たちが新たに変えるべき文明の軸は
「人動説」です。

神本主義の天動説と
人本主義の地動説を過ぎ
人間の内面にある神性を現わす神性回復の時代が
新たな人類が迎えるべき人動説の時代です。

人動説時代のポイントは
自然知能を備えた人間の脳の活用です。
脳教育は脳活用によって
人間性回復と神性回復にその価値を置いており
これを中心哲学とするのが地球経営です。

今、新たな未来文明が目の前にあります。
あなたが主体となって人動説と地球経営を選択すれば
人類と地球は、新たな未来、すなわち
持続可能な精神文明の時代を創造します。