105歳の挑戦

今年の初めに、新鮮な衝撃を受けた
1枚の写真がありました。
105歳のロベール・マルシャンさんの
自転車競技への挑戦です。

彼はフランスのパリ郊外の国立競技場で
1時間で22.547キロを走り
105歳以上の世界記録を打ち立てました。

競技を終えたマルシャンさんは
「記録を破るために来たのではない。
105歳でもまだ自転車に乗れることを証明したい」
と話し、観客から喝采を浴びました。

彼が自転車競技を始めたのは
68歳のときだそうです。

マルシャンさんは脳をよく活用したのです。
もし彼が60歳くらいで「もう十分生きた。
何かを始めるには遅い。
これからは、何もせずのんびり過ごそう」と思えば
脳が気づいて老化の準備をしたでしょう。

あなたの脳は消えないブラックボックスです。
脳は、自分が考えていることをすべて聞いています。
寝ているときに見た夢までも認識しています。
だから、脳にどんな情報を与えるのかが大事です。

人生のスピード

(一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より)

私たちは社会が決めた流れを
追いかけるのに忙しいです。

流れゆく環境のままに
流れゆくスピードで
忙しく生きていると
いつしか人生の主が
自分ではなくなってしまいます。

あなたは自分を取り巻く環境に
影響を与えたいですか?
影響を受けたいですか?

影響を与えるとき、私たちの脳は幸せです。

積極的ではなく自信を失ってしまえば
私たちは環境の影響を受けるようになります。

あなたは自分の人生を運転するドライバーです。
人生をデザインするのです。

積極的で、自信があり
自分の人生を創造しながら弘益するとき
私たちの脳は幸せになります。

希望で始まる新年

今年、どう成長するか考えてみてください。
恐怖があれば成長できません。
恐怖は感情に過ぎません。
現実ではないのです。

恐怖が力を失わせます。
恐怖に力を与えないでください。
恐怖を失くすものは
希望と信念です。
夢と希望があれば
恐怖を克服できます。

夢を育てましょう。
そして、夢を実現しましょう。
その夢を叶えるために
新年があるのです。

希望がある人には
新年が美しく
希望がない人には
信念は恐怖なのです。

今年は脳をもう少し
うまく活用しましょう。
脳をうまく活用するには
脳に希望と力を与える必要があります。

希望のある人だけが
未来の主になることができます。
信念を迎えたあなたに
本当に必要なものは何ですか?