つらく大変なのは今だけ

人は、現在が大変な状況でも
危機に直面していても
現在とは別の未来の自分を
想像することができます。

「つらく大変なのは今だけだ。
永遠に続くわけではない」

過去があるように、現在があります。
現在の自分の状況は
過去によって作られたものです。
自分で選んだものです。

それに気づき、
未来の自分を今の自分が変えよう、と
決心することが悟りです。

そして、設計し、
新たな変化を創造するのです。

祈る理由

人はよく、信念を持つために
祈ると言います。

しかし信念は、選択して訓練するものであって
祈ってできるものではありません。

自分の願いどおりに
脳を活用する術を知り
脳の主として生きる人は
信念を維持するために祈ります。

自分が選択した通りに訓練していると
信念が強くなるのです。
人間だから、信念が揺らぐこともあります。
だから、信念を維持するために祈りが必要なのです。

あなたが、脳を活用する人になることを願っています。

105歳の挑戦

今年の初めに、新鮮な衝撃を受けた
1枚の写真がありました。
105歳のロベール・マルシャンさんの
自転車競技への挑戦です。

彼はフランスのパリ郊外の国立競技場で
1時間で22.547キロを走り
105歳以上の世界記録を打ち立てました。

競技を終えたマルシャンさんは
「記録を破るために来たのではない。
105歳でもまだ自転車に乗れることを証明したい」
と話し、観客から喝采を浴びました。

彼が自転車競技を始めたのは
68歳のときだそうです。

マルシャンさんは脳をよく活用したのです。
もし彼が60歳くらいで「もう十分生きた。
何かを始めるには遅い。
これからは、何もせずのんびり過ごそう」と思えば
脳が気づいて老化の準備をしたでしょう。

あなたの脳は消えないブラックボックスです。
脳は、自分が考えていることをすべて聞いています。
寝ているときに見た夢までも認識しています。
だから、脳にどんな情報を与えるのかが大事です。