太陽と雲

生きていれば、恐れやさびしさなど
さまざまな感情が雲のように押し寄せ
私たちの明るい意識を妨げることもあります。

しかし、雲は流れ
いつしか雨になって消えます。
そんな雲のように、感情も永遠ではありません。

私たちには明るい悟りの太陽があります。
その太陽は丹田にあります。
呼吸しながら丹田に集中していると
丹田が温かくなり、そのエネルギーが
全身に流れていくのが感じられます。
そのとき、感情という雲はとけて消えていきます。

感情の雲に集中せずに丹田の太陽に集中しましょう。
私たちの実体は雲ではなく太陽です。
太陽に集中すれば、雲はただ流れていきます。
燦々と輝く悟りの太陽に出会ってください。

自分自身を狂ったように愛してください

私たちには、尊く大切な魂があります。

自分の真のアイデンティティがわかったとき
本当の私を見つけて出会ったとき
ようやく成功ではなく、完成のための人生を
生きていくようになります。

他の人ではなく、「私」を
胸がはち切れそうなほどに愛してください。
死ぬほど、狂ったように愛してください。

自分の人生の中心は
「私」であることを忘れないように
自分に伝えてあげましょう。

自分に投げかける問い

忙しく過ぎ去る日々、
しばし立ち止まり、
自分自身に真剣に問いかけてみましょう。

自分は何者なのか?
なぜ生きるのか?
繰り返し自分に問いかけてみてください。

私は誰?
私は誰?
私は誰?

心の中から様々な考えや思いが
湧き上がってくると思います。

それなりに答えが出てくるのですが
その答えに簡単に満足するのではなく
続けて問いかけてみるのです。

この問いには、正解はありません。
一人ひとりの悟りがあるだけです。

その問いに答える内容が大事なのではなく
どれほど没頭して自らに問いかけ
どれほど激しくその問いに立ち向かうのかが大事です。