母なる地球に捧げる歌

母なる地球、マゴよ
私は自分が地球人であること
今日になってようやく知りました
私は地球上に生きる数多の生命体のうちの
一つであること、もうわかります
私の住む場所は太陽でも月でもない、この地球でした
私は地球に属す者、地球の分身、地球人でした
地球がこれまで私を育て食べさせ眠らせてくれました
私はこの世に小さな身体で生まれてきたけれども
もう大人の身体つきになり
この身を構成するあらゆる要素は
母なる地球からやって来たことを知ったのです
地球は私の身体の中に
骨と筋肉と血となって入り
私とともに息をしています

私が地球から生まれ育ったのと同じように
私は死とともに
再び母なる地球の懐にかえることを知っています
この身も地球のものであり
私の寝床も地球のものであり
私の衣服も地球のもので
わが家も地球のものです
私の持てるものすべて
どれも永遠に私のものではありません
地球からしばし借りているだけです
そのすべては私が永遠に所有するものでなく
私が地球上で足を踏みしめて暮らす間
しばし使わせてもらうだけです
私の家族と私の愛する人びとも
地球に愛される地球の子らであり
地球人であることを知っています
私が憎んで蔑ろにした人も皆
私とは違う宗教、異言語、異文化の中で
生きてきた人びとも
皆同じ兄弟姉妹であり
地球人であることを私は知っています
われらは一つの地球の上で
地球の食べ物や水や空気を
分かち合って飲み食いする
地球家族であることを私はいま知っています
地球に暮らすあらゆる人びと
すべての自然と生命体を
私は大切に尊重し愛します
それが地球の永遠なる平和のため
私にできる最善のことだと知っています

『セドナの夢』より

人類の健康な進化

長年、私たちは無知と無関心で
または、傲慢で地球を虐待してきました。

地球は特有の自浄能力で
人間の傲慢に耐え
生命を育ててきましたが
限界に直面しています。

物質的な富と生活の便利を追求する
人間が使ったエコロジカル・フットプリントは
すでに地球の表面積の1.5倍に達しています。

2030年には、地球2つ分
2050年には、地球3つ分の面積の土地が
必要になるといいます。

いくら地球が広く、
活発に自浄作用をしているとしても
これには耐えられません。

何よりもまず必要なのは
優れた環境科学技術や
環境汚染への制裁ではなく
人類の意識進化です。

資本主義が作った成功中心の価値観では
環境問題を解決できません。

「地球と生命」を判断の中心に置き
成功よりも高い価値
「完成」のための人生を生きるとき
根本的な変化が起こるのです。

小さな私から大きな私へ~意識の拡張

私という存在は、考えによって
限りなく小さくもなり
限りなく大きくもなります。

意識の大きさが私の大きさを決めます。

小さな私から大きな私に
意識が拡張することを
悟りとも言います。

「大きな私」を悟れなければ
「小さな私」に閉じ込められます。

「小さな私」で生きていき
両親や自分のルーツへの敬意と誇りを失えば
人は簡単に罪の意識に陥ります。

一方、「大きな私」で生きていけば
理念、宗教、国家、民族に制限されることなく
それらを超え
人類と地球への愛があふれ
自分がどれほど偉大で神々しい存在なのか
分かるようになります。