歩き方に関心を持って、一歩一歩を大事にしましょう

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

李承憲氏が『希望の手紙』の中で歩き方の大切さを説明しています。

「普通の人は自分の歩き方にあまり関心を持っていません。
しかし、無意識に踏み出すその一歩一歩を
単なる移動手段としてとらえるか、もしくは、
健康手段としてとらえるかにより
人生の質は変わってきます」

実際に、歩き方はその人のライフスタイルを大きく変えます。
李承憲氏が『希望の手紙』で伝えようとしていることは、
毎日必ず繰り返す行為だからこそ、適切な歩き方を覚えることが大切だということです。
少しずつ歩き方を変えていけば、誰でも身体によい歩き方を身につけることができます。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より