脳の主に成長する機会

成績が悪いと親に愛されないという考えは
子供をとても脅かす情報です。

人間は、最も基本的な欲求である生理的な欲求と
安全の欲求が満たされてこそ
褒められ、認められようとする
より高いレベルの欲求が起こります。

子供たちの内面には
親が競争をさせなくても
誰でも今の状態に満足せず、
発展しようとする成長の欲求と
自己実現の欲求が潜んでいます。

このような自然な欲求が
健全な状態でほとばしり出るように
親は、待ってあげたり
様々な機会を提供してあげる必要があります。

勉強ができないからと、
遊ばせないようにするのではなく
歌でも、ダンスでも、運動でも、何でも
楽しくできることをさせてあげましょう。

現在の教育の現実は、過度の点取り競争によって
子供たちが自分の脳の主に成長する機会を奪っています。

あなたがまず、お子さんに
脳の主に成長する機会を与えてあげませんか?

人間性脳波

脳教育が世界的に注目を集めている理由は
目に見える変化と効果があるからです。

健康が回復するのはもちろん
前より感情をコントロールしやすくなり
人間関係が改善し
全般的な生活の質が自然に向上します。

脳教育の第一の効果は
ストレス解消と肯定的な情緒の強化、ドーパミン増加など
自然治癒力が高まることです。

そして、それに伴う第二の効果は
安定した純粋脳波が回復し
深い瞑想からくる覚醒によって根源的な答えが見つかることです。

脳教育で変わることは
単に目に見える心身の健康や幸せだけでなく
人生についての深い洞察と悟りです。

何より脳教育は、深い瞑想に没頭するための脳波調節を
自分でできるということに大きな可能性を残しています。

リラックスして安定した脳波の状態では
肯定的な価値を選択し、これを実践する力を発揮できます。
脳教育では、このような脳波を「人間性脳波」と呼んでいます。

人間性脳波に戻る脳教育の脳波調節技術こそが
今の人類と地球が直面した多くの問題を解決できる最高の方法であり、
持続可能な人類の未来を夢見る地球経営の実現法です。

悟りがあるところ

「悟りとは何ですか?」
こんな質問をよく受けます。

悟りは本質を回復することです。
人間の本質は生命であり、自然です。

海の波を眺めたり
木や岩がたくさんある山に登れば
考えがなくなり、心が楽になります。
自然と一つになると
簡単に瞑想状態になります。

このように悟りは
本質を回復し、自然な状態になることです。

自然になるとき
人間の本質である人間性と良心が明るくなります。
つまり、人間性回復は自然な状態になる悟りの理(ことわり)です。

脳教育は、瞑想と脳活用によって人間性を回復し
人間の本質を見つけるための具体的な方法です。

何か判断する時に、良心に照らして
自然かどうか尋ねてみてください。

悟りは、本来ある場所、つまり
人間の明るい人間性と良心の中にあります。