私は「希望」だ

公園から始めて
今まで36年間
多くの困難と逆境を超え
世界中に弘益精神をもとにした
共存の哲学「地球経営」の夢を繰り広げてきました。

これまで私にやってきた困難に耐えられたのは
私自身が希望だと思っていたからです。

誰に何と言われても
大統領、大臣、財閥になれば
希望になれるのではなく
私の存在そのものが希望だと信じる力がありました。

私を励まし褒めるのは
人ではなく、自分がすべきことです。

自分を信じ、自分の価値を知る瞬間に
あなたはこの世の希望になるのです。

地球経営のルール

組織や共同体が調和のある秩序を維持するためになにより必要なことは、
選択が必要なすべての状況で判断の基準となる中心価値と、
その価値を現実に適用する指針、つまりルールです。

では、地球経営に必要なものは何でしょうか?

地球経営の中心価値は「地球と人間」です。
そして、これを実現するためのルールは、
公転と自転の原理、
求心力と遠心力の原理、
公平と平等の原理です。

中心に合わせて自分の軌道を守れば
他のものと衝突しないというのが公転と自転の原理で
自分のスピードを全体のスピードによく合わせると
安定して軌道を回れるというのが求心力と遠心力の原理です。
また、相違点を公正に評価するときに
バランスと調和を維持できるというのが公平と平等の原理です。

地球経営のルールは宇宙の運行原理であり、
天の心を表現したものです。
これを「道 TAO」と言います。
道が守られるときに秩序と調和が維持されますが、
道がゆがめば、混乱や争いが生まれます。

今、人類が経験している地球の問題は、
道を失ったことから始まりました。

地球経営は失った道を取り戻すことであり、
人類全体の人間性を回復する悟りの運動です。

人動説と地球経営の未来

様々な論議を生んだ人間とアルファ碁の対決後
人工知能が世紀の話題にのぼっています。
人工知能への肯定論と否定論が飛び交う中
人類は、かつてないほど切実な彗眼を探しています。

古代と中世の地球は、宇宙の中心でした。
太陽や星が地球を中心に回っているという天動説は
一点の疑いもない神本主義時代の定説でした。

しかし、16世紀コペルニクスによって地動説が提起されました。
これは、従来の信念体系を崩し、神を冒涜する罪だと
宗教裁判にかけられたりもしました。

科学文明の発展に基づく地動説は
文明の軸を、地動説の時代、
物質文明の時代に変えました。

私たちが生きる今の時代は
人工知能と仮想現実を目前に控えた変化の時期です。
今、私たちが新たに変えるべき文明の軸は
「人動説」です。

神本主義の天動説と
人本主義の地動説を過ぎ
人間の内面にある神性を現わす神性回復の時代が
新たな人類が迎えるべき人動説の時代です。

人動説時代のポイントは
自然知能を備えた人間の脳の活用です。
脳教育は脳活用によって
人間性回復と神性回復にその価値を置いており
これを中心哲学とするのが地球経営です。

今、新たな未来文明が目の前にあります。
あなたが主体となって人動説と地球経営を選択すれば
人類と地球は、新たな未来、すなわち
持続可能な精神文明の時代を創造します。