心の持ちよう

アメリカ ハーバード大学の心理学者エレン・ランガー教授は
興味深い実験を行いました。
時間を作ってわざわざ運動はしていないけれど、
1日平均15部屋を掃除している
ホテルの清掃員84名を2つのグループに分けました。

片方のグループには、普段している仕事が
健康のために毎日30分運動しているのと同じだと伝え、
もう片方のグループには、この情報を与えませんでした。

4週間後、2つのグループを比較した結果、
自分がしている仕事が運動だと認識したグループの
女性は、体重平均0.9キロと体脂肪が低下し、
さらに血圧も10%下がりました。

しかし、何の情報も与えられなかったグループは
体重に変化がありませんでした。

自分の考えが脳を変化させ
実際に体に変化が起こったのです。

今日、あなたが掃除をする必要があるなら
両手をバランスよく使いながら、
動作を少し大きめに、そして、自分が
健康になっていくのをイメージしながら
楽しくやってみてください。

あなたは、いつどこでも、
どのような状況でも、
あなたが願えば、脳の変化を生み出せます。

人生の調律

人は歳をとれば老いると思っていますが
それは真実ではありません。

夢がなくなり、動かなくなり
考えが保守的になると、
その時から意識も暗くなります。

幸いなことに私たちの脳は
若い頃の人生への情熱や夢を覚えています。

たいてい50・60代になると、だんだん筋肉が衰え
人生への情熱は薄れてきます。
このとき、自分の体と脳を調整すれば
30代の健康と情熱を回復できます。

ピアノを定期的に調律するように
良い人生を送るためには
体と脳の伸びた弦を
もう一度ピンと張り直す必要があります。

情報ヒーリング時代

過去の悪い情報が
体と心に残って病気になります。

その情報が、もともと体に存在していた
健康な回路を変形させ
変形した回路に濁ったエネルギーが入り
濁ったエネルギーが溜まって病気になるのです。

意識が過去にとどまっていると
悪い情報に汚染されやすくなります。
悪い情報に汚染されると
自分を低く見るようになります。

今は情報ヒーリングの時代です。
情報を変えるとエネルギーが変わり
エネルギーが変われば考えが変わり
考えが変わると行動が変わります。

過去はすでに過ぎ去りました。
今日、また朝を迎えている私は、新しい私です。
体や心、過去の経験からくる情報に
閉じ込められることなく
自分自身に、こう宣言してみてください。

「私は私だ!
誰とも比べられない唯一無二の存在だ!」