舌の位置を正しく

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

(一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より)

瞑想の姿勢で座ります。
腰をまっすぐ伸ばし首も伸ばします。
両手はひざの上に楽に置いて
親指と人差し指と中指をつけます。
三指は天地人、上中下丹田を意味します。

では、舌はどこにおいたらいいでしょうか?
舌をほおっておくのではなく
舌を正しい位置に戻します。

舌の先を上あごにつけると、
舌は一番楽です。
脳波が安定して気分が変わります。
口の中に甘い唾液が溜まります。

∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼
希望の手紙のお申し込みは >> こちらをクリック
ILCHI希望の手紙は、一指 李承憲氏がお届けする人生を健康で幸せで平和に
過ごすためのメッセージです。
∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼