習慣や固定観念から自由になることで、脳は柔軟になります

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

「一定の行動のパターンである習慣から
私たちの体が自由になり、
一定の思考のパターンである固定観念から
私たちの思考と認識が自由になれば、
脳細胞間の意思疎通がより活発になり、
脳の機能もまたより柔軟になります」

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より

李承憲氏が『希望の手紙』の中で、脳を柔軟にするために
どうすればいいかを教えてくれています。

人間は長年の習慣や固定観念に支配されがちです。
しかし近年は、社会が猛スピードで変わっています。
旧来の常識がどんどん崩されていく中で、頭を柔軟に働かせることが必要です。

そのための第一歩が、習慣や固定観念から解放されることであると
李承憲氏は、『希望の手紙』で教えてくれているのです。
長年の習慣や固定観念に縛られないようにしたいものですね。

∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼
希望の手紙のお申し込みは >> こちらをクリック
ILCHI希望の手紙は、一指 李承憲氏がお届けする人生を健康で幸せで平和に
過ごすためのメッセージです。
∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼•∼