社会は、調和を重視する方向へ向かっています

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

性別や年齢を問わず、少しでも癒しの時間を持ちたいと願う人が増えています。
競争社会に疲れた人が多いのでしょう。

シビアな競争社会は変わらずに続いていますが、
人より優れていることばかりを目指す社会ではなくなりました。
人と協力して何かを成し遂げることを重視する時代に変わっています。
人々は競争より重要なことがあると悟り、協調することを好んでいます。
この傾向は確実に顕著になっています。

李承憲氏も、本当に求められる社会とは何なのかをこう説明しています。

「真に幸せで美しい社会は
競争を通して自分の価値を評価される社会ではなく
調和と共同を通して価値を創造する社会である」

李承憲氏が説明していることを、今多くの人が悟り
自発的に調和する方向へ向かっているようですね。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より