脳へのよい情報が瞑想法の効果をアップさせます

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

ゴールデンウィークも終わり、5月も半ばにさしかかり、
いよいよ全国的に暖かく、朝や夜も過ごしやすい季節になってきました。
外に出て、運動をするのにふさわしい時期です。

どんな方でもできる運動に、ウォーキングがあります。
ウォーキングは性別・年齢・運動経験に関係なく続けられます。
身体にとってよい健康法となるほか、脳にとってもよい瞑想法となります。
ポイントは、歩くときに、自分はまだまだ元気なのだと意識することです。
そう言い聞かせることで、健康法としての効果も、脳の瞑想法としての効果も、
どんどん引き出されます。

李承憲氏が、その理由をこのように説明しています。

「自分の脳に『私は若い』「『私は健康だ』と言い聞かせましょう。
『私はまだ若くて健康だ』という信念や自信が
あなたをさらに生き生きと幸せにしてくれるはずです」

李承憲氏の言葉にあるように、自分が若くて健康だと言い聞かせることで
脳がその通りに反応してくれます。
自分に自信を持つことが、脳を活性化させ、身体を健康にする原動力となるのです。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より