深い呼吸は、心と身体にエネルギーを満たします

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

今の社会には、日々忙しく働いている人がたくさんいます。
癒されたいという願望を持つ人が増えるのも、当然なのかもしれません。

忙しくて、ゆっくり休んだり、心や身体をリラックスさせたりする時間が取れない人も
多いようですが、
どんなに忙しい人でも、束の間の空き時間を利用して
心や身体を浄化させて、再びエネルギーを充電させることができる方法があります。

それは、呼吸法です。
「呼吸の仕方をちょっと変えたくらいでは、何も変わらないだろう」と
思い込んでいる人もいますが、そんなことはありません。
呼吸法を変えるだけでも、エネルギーを満たすことが可能なのです。

李承憲氏が、どのようなときに深い呼吸が必要かを次のように説明しています。

「体と心が同じように重たい時には
自分に集中する時間が必要です。

楽に座って腰を伸ばして
ゆっくり息を吸い込んで、息を吐き出します」

そして李承憲氏は、呼吸法を改めると、どう変わるのかを次のように説明しています。

「自分の体と心を浄化する時間を持つと
呼吸は自然に深くなり、穏やかになります」

呼吸を深くするだけでも、大きな効果があるのです。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より