自分の行動や考えを信じて、育てていきましょう

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

日本人は、謙遜が過ぎて自虐的になる傾向がある、と世界各国で言われることがあります。
それでも、私たち日本人はあらゆる面で世界中から評価をされています。
「日本人はもっと自分に自信を持つべきだ」と
世界から諭されることもあるくらいです。

自分の行動や考えについて、「どうせ私なんて……」などと
否定的に捉えずに、まず自分の行動や考えが正しく、素晴らしいことだと
信じることから、人の成長はスタートします。
自己啓発を行いたいと思う人が多いですが、
自己啓発の基本は、自分を信じることです。

李承憲氏が端的に教えてくれています。

「考えを育てることは自分がしている考えが
偉大ですごいと自ら考えることから始まります。
自分の考えを信じないで
『大したことではない』と考えるから
美しく成長できないのです。

考えを発展させていくためには、自分を信じなければなりません。
直ちに成り立たなくても
自分を本当に信じて熱心に生きる姿勢に意味があるのです。
自分の考えを育てた人は美しいです」

李承憲氏の説明を参考に、もっと自分の行動や考えが素晴らしいものだと信じて、
それを大きく育てていきましょう。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より