執着を手放す

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

人生は遊びながら生きていくものです。同じことなら、意味のある、良い遊びをしましょう。

本当によく遊ぶには、自分への執着から手放さないといけません。「自分」が生きていると、人の顔色をうかがい、自分の顔色もうかがって、まともに遊べません。

大変で、葛藤が生じるときは悩まずに「無」という一文字を思い浮かべてみましょう。