[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

私はない。
無だ。
白紙だ。
その白紙の上に様々な絵が描かれる。
様々な考えがやってくる。
良い考えも悪い考えもきて絵を描く。
白紙とはもともと良いも悪いもない。ただ白紙だ。
そこに良い絵を描けば良くなり、悪い絵を描けば悪くなる。
大事なことは、白紙の主が自分だという点だ。
私は自ら選択できる無だ。
良い考えも、悪い考えも、引き寄せられる。