教わった情報を、的確に受け止められるようになりましょう

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

勉強は学生だけのものではありません。
仕事を始めてからずっと年齢を重ねていっても学び続けることは必要です。

人は何かを教わるとき、何かを知ろうとするときは、
なぜそれを得ようとしているのかに気づき、
はっきりした目的を意識することで結果も変わってきます。
そうすることで、頭の中に入ってくる情報を的確に受け止めて、
情報の主人になることができるのです。

李承憲氏がそのことを簡潔にまとめてくれています。

「何かを知って習おうとする前に
先に『なぜ?』という質問を自分に投げなければなりません。
‘なぜ’という質問に対する答がはっきりとした時
私が受け入れる情報の真の主人になることができます」

李承憲氏の説明を参考にして、
何かを教わるときは、なぜそれを教わるのかに気づき、
教わった情報を的確に受け止めるようにしましょう。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より