生命の変化

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

私たちはかつて小さな虫でした。
地球という大きな次元から見ると
微生物のようなものです。

父親の精子と母親の卵子が出会って
新たな生命になるためには
精子も卵子も消えなければなりません。

これを死んだと見るべきでしょうか?
変化したと見るべきでしょうか?
生命の変化と言うべきでしょう。

自然はすべてこのようなものです。
咲いた花が実を結ぶためには
その花は死ななければなりません。
実は死んで種を作り出します。
種も死んで新しい芽が出ます。
このように生命の世界は
常に回り続け、循環しています。

春に、芽生えた若葉は
秋になれば、落ち葉になります。
緑したたる春の若葉だけが美しいのではなく
紅葉した秋の落ち葉も美しいのです。

人間も同じです。
若い時だけが美しいのではなく
歳を重ねても美しいのです。

私たちは死の意味を自然から学ぶことができます。