情熱や希望をいつまでも持ち続けましょう

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

情熱や希望を持つことは、人間が生きていく上でとても大切なことです。
若い間は誰しも自然と情熱や希望を持っていますが、年を重ねると失われがちです。
しかし、情熱や希望を持つことについて年齢制限は存在しません。
何歳になっても、情熱や希望を持つことはできますし、
心を若く保つ上でもとても有効です。

李承憲氏が希望の手紙の中で、情熱や希望を持ち続けることの大切さを
次のように説明しています。

「年齢が 20代でも
胸に情熱を失っているのであれば
その人は80代です
しかし年齢が80になっても
ビジョンに対する熱い情熱と希望があるのなら
その人は 20代なのです」

李承憲氏が希望の手紙の中で教えてくれているように、
実際の年齢と心の年齢は同じではありません。
何歳になっても、心がけひとつで若さを保てますし、
若さと美しさに満ちた人生を生きることができるのです。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より