持っている夢を伝えましょう

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

人は誰でも、夢や希望を持っています。
成長すると、人生にはさまざまな苦難が登場します。
苦難にぶつかったときは、当初抱いていた夢も見失いがちですが、
苦難に取り組む中にあってこそ、夢が必要になってきます。
苦しいときでも夢を持っている人は、苦難を乗り越える力を身につけることができます。
いつか偉大な業績を成し遂げることができます。

李承憲氏は希望の手紙の中で、夢を持つことの大切さを説明しています。

「歴史上の偉大な人物の多くは
苦難の中にも夢を持って
偉大なビジョンを成し遂げたのです」

どんなときでも夢を持ち続けるためには、夢を言葉にすることも大切です。
持っている夢をお互いに話し合うことで、もっと大きな力を持つことができます。

李承憲氏は希望の手紙の中で、夢を話す効果を説明しています。

「夢を持つ人同士が出会うと
新しい歴史を創造する奇跡が生まれます」

持っている夢をお互いに伝えることで、新しい可能性が開けるのです。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より