夢や希望を持って生きていきましょう

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`google_buzz` not found]

生きていると、つらいことや恐ろしいこともときどきありますが、
大きな夢や希望を抱いて生きていれば、
そのようなことも引きずらなくて済みます。
はっきりした夢や希望は、恐れを克服することができる
堅固なパワーとなるからです。

李承憲氏の希望の手紙の中にも、印象的なひと言があります。

「希望と夢があれば
恐れは力を失います
恐れに力を与えないでください」

起こったことに縛られていると、夢や希望もだんだんと消えてしまいますが、
夢や希望をいつも意識して生きていれば、
どんな恐ろしさも逆に消えていきます。

希望の手紙の中でもうひとつ、ヒントになることを
李承憲氏が教えてくれています。

「希望がある人だけが
未来の主人になることができます」

未来を充実したものにするためにも、夢や希望をいつも強く感じながら
生きて行くことが大切だということですね。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の希望の手紙より